遮音カーテンの種類と選び方のポイント

機能別

家の中では家族構成やライフスタイルによってさまざまな音が生じます。外へ漏れる音が気になるなら遮音カーテンがおすすめです。また遮音カーテンは家の中の音だけでなく、外の騒音も緩和してくれます。

遮音カーテンにはどのような特長があるのでしょうか。音の種類や音量に適した遮音カーテンの選び方も知りたいところですね。

遮音カーテンの仕組みや種類、選び方のポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

遮音カーテンを選ぶ理由

遮音カーテンを選ぶ理由

家の中の「音」を漏らしたくない

家が密集している都市部では、窓を開ければすぐ隣の家があることも少なくありません。家の中の音がもれて「ご近所に迷惑をかけてしまうのでは?」と心配している方もいると思います。共同住宅ならなおさらです。

家の中から音が漏れることを防ぎたいという理由はいろいろあります。
例えば…

  • 赤ちゃんの泣き声や子どもの騒ぐ声が外に漏れることを防ぎたい
  • ピアノやヴァイオリンなど、演奏の練習をしたい
  • 迫力ある音量でホームシアターを楽しみたい
  • ペットの鳴き声が漏れることを防ぎたい
  • 家の中でカラオケを楽しみたい

などが挙げられます。

外の「音」を遮りたい

外の音

静かな住宅街なら外の音が気になることはないかもしれませんが、車の往来が激しい街道沿いだったり、幼稚園や学校などの施設が隣接していたり、繁華街の近くだったりなど環境的な問題で「音」に悩まされることもあるでしょう。

  • 外の声が気になる
  • 隣の家の音が気になる
  • 車の走行音がうるさい
  • 飛行機の音がうるさい

こうしたさまざまな「音」の問題に有効的なのが遮音カーテンです。

遮音カーテンの仕組み

遮音カーテンの仕組み

音を防ぐためのカーテンは「防音カーテン」や「遮音カーテン」などとして販売されていますが、その仕組みは「吸音」と「遮音」です。

音が生じたときには、反射、吸収、透過の3つの現象が起こります。

  • 音が壁にあたる→反射
  • 音が窓から外に抜ける→透過

ではカーテンを閉めるとどうなるでしょう?
音はカーテン生地の繊維に吸収されます。

吸音

布製であるカーテンは、繊維が音を吸収してくれます。遮音カーテンは吸音性能を高めるために、音を吸収しやすい織り方や仕立て方をしているのです。

ピアノの音楽教室などに使用されているベルベット素材のカーテンが代表的です。
ベルベットはパイル織物です。タオルもパイル織ですが、織った後の処理がループ状のままのタオルに対し、ベルベットはループをカットした切毛状になっています。
空気を含んだ起毛素材のベルベットに音があたると、毛足の奥まで行き渡り吸音効果が高くなります。

ピアノの音

住宅用の遮音カーテンとして販売されているカーテンには、ベルベットはあまりありませんが、吸音効果がある織り方がされています。
例えば二重織のひとつである「風通織」などがあり、生地が複層になることで音をより吸収します。

遮音

吸音が音を吸収することに対し、遮音は壁のように音を反射させ遮ることです。
カーテンで音を遮るためには、アルミや酸化チタンなどの金属樹脂を生地の裏にコーティングします。

このように遮音カーテンや防音カーテンは音の透過を防ぐため、吸収する「吸音性」と反射させる「遮音性」の2つの性能を高める構造になっています。

二重、三重構造に仕立てられた遮音カーテンは防音効果が高くなり、カーテンの重量と防音性能は比例するといって良いでしょう。

遮音カーテンの効果

家の中での音の伝わり方には以下の3つがあります。

  • 空気から伝わって聞こえる音
  • 物質から伝わって聞こえる音
  • 空気と物質の両方から伝わって聞こえる音

遮音カーテンで緩和できる周波数は?

音には周波数(Hz)があります。周波数は1秒間に振動する波の回数で、高音であるほど値が大きくなります。
空気を振動して伝わる音は、高周波であるほどエネルギーの減少が早く、遮音カーテンによって吸音・遮音されます。

ノックの音

低周波の低音は、物質を通して伝わります。個体伝播音と言います。
隣の部屋で流れている音楽のドンドンと低音だけ聞こえるのは、低周波である低音だけが壁を伝わって聞こえてくるのです。

つまり遮音カーテンは、高音を防ぐことは可能ですが、工事現場から地面を伝わって聞こえてくるような個体伝播音は遮ることができません。

生活している中で聞こえてくる音の参考周波数は以下の通りです。

  • 男性の声:125Hz
  • 女性の声:250Hz
  • 救急車のサイレン音:1000Hz
  • 踏切音:2000Hz
  • ピアノの高音:4000Hz
  • ジェット機:8000Hz

どの音もうるさいなと感じることがありますね。

多くのカーテン生地メーカーでは音響透過損失測定という遮音性能の試験を行っていますが、その結果は遮音加工をしていないカーテンに比べ、遮音カーテンは周波数が高い音ほど防音効果が高くなっています。

遮音カーテンで緩和できる音圧は?

音の高低を周波数で表すように、音の大きさは音圧(dB)で表します。同じ周波数の音でも音圧が高ければ、より遠くまで届きます。
遮音カーテンでは、12dB〜18dBの音圧を半減させる効果が得られるとされています。

このように遮音カーテンはあくまでも音が漏れることを抑制させるものであり、完全に防音できるわけではありません。
周波数の高い、ある程度の音圧域に対して高い効果が得られるのです。

遮音カーテンはどんな部屋に必要か

寝室に遮音カーテン

遮音カーテンは、ピアノを置いてある部屋、寝室や赤ちゃんが寝ている部屋、カラオケやホームシアターを楽しむ部屋、道路や線路に面している部屋などに必要になってきます。
特に隣家との間隔が近い場合は、家の中から漏れる音と、隣家から漏れてくる音の両方を遮る意味でも遮音カーテンが有効的ですね。

遮音カーテンの種類

遮音カーテンには、ドレープカーテンとシアーカーテンがあります。
夜間に防音を求めるのであればドレープカーテンのみでもいいですが、昼間に防音したいのであればシアーカーテンも合わせて取り付けることです。

シアーの遮音

シアーの遮音カーテンは、昼間の明るさを取り入れつつ防音効果が得られますが、ドレープの遮音カーテンと比べるとその効果はどうしても低くなってしまいます。

採光よりも防音を優先するのであれば、昼間でもドレープの遮音カーテンを閉めることをおすすめします。
またドレープとシアーの両方の遮音カーテンを閉めることによって、より防音効果が高くなります。

遮音カーテンのデザイン性

遮音カーテンを購入するにあたって気になるのはデザイン性ですね。
一般的に販売されている住宅向けの遮音カーテンは、柄物やカラーバリエーションも豊富でデザイン性も充分満足できるでしょう。

デザイン遮音カーテン

しかし学校や音響施設など、コントラクト物件用に販売されている防音専用のカーテンは、性能が高い反面、無地でシンプルなものがほとんどです。
ピアノの専用練習室やホームシアタールームなど、防音性だけを重視したい部屋には良いかもしれません。

防音性能を高めるために

遮音カーテンの性能を高めるためには、窓との隙間をつくらないことです。

いちばん音が漏れるのはカーテンの上部の隙間からです。カーテンボックスや、遮音カーテンと同じ生地でレールカバーをしたり、リターン式でサイドの隙間をなくすことが有効的です。またカーテンの丈も床に届くように仕立てると良いでしょう。

遮音カーテンで音の悩みを解決

住まいの中で音に関する悩みは、ライフスタイルや周辺環境、立地条件に大きく左右されます。遮音カーテンで緩和させ、気兼ねなく楽器の練習をしたり、騒音に悩まされることなく快適な生活を送りたいですね。

遮音カーテンの購入を検討しているなら、ぜひ参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました