新築を建てる時に知っておきたいオーダーカーテン等インテリアの予算

チェックポイント

新築住宅を建てるとき、土地や建物の金額にばかり意識が行ってしまい、その他の費用については軽視してしまっている人も多いと思います。

しかしインテリア品などにも意外と多くの費用がかかることも事実です。
新築一戸建てを建てた際に必要となってくる、インテリアの購入予算とはどれくらい必要なのでしょうか。

インテリアにかかる予算は別計算

マイホームの購入予算を考えるとき、まずは土地や建物の購入費用のことを考えると思います。

頭金をいくらにするのか、ローンはどれくらい組めるのかなど、考えることは山ほどあるため細かいインテリアなどの予算は頭になく、後からその費用の高さに気付いて驚いてしまう人も少なくないのが現実です。

土地や建物にばかりお金を使ってしまい、家具や家電のインテリアが型遅れの古いものばかりだと、幸せな新築生活の喜びが半減してしまうことでしょう。

そうならないためにも、インテリアにかかる予算はしっかりと土地や建物とは別計算しておくことをおすすめします。

独立行政法人 住宅金融支援機構の調査では、新築一戸建て住宅を購入する際の一世帯が支払う耐久消費財の平均費用は、約200万円というデータも出ています。

もちろんどこまでこだわるかによってその金額は大きく変わってきますが、インテリア費用を甘く見ていると、いざ必要となった時にお金が足りないということにもなりかねないので注意が必要です。

スポンサーリンク

カーテン・照明等必要なインテリア

では実際に新築一戸建てに引っ越す際に、新たに購入する必要があるインテリアとはどういったものがあるのでしょうか。

多くの人が新築住宅に住む際に購入することになるインテリアについてご紹介します。

カーテン

カーテンは、新築住宅を建てたときに新たに購入する耐久消費財の中では最も多くの人が購入するものとなります。
カーテンはその性質上、窓の大きさや数によって使い回しできない可能性が高く、消耗品ということもあり新築住宅では新たに購入することが必然的に多くなります。

しかしある程度良質なものを購入しようと思えば決して安いものでもありません。
子供部屋などは質を落として費用を抑えることもできますが、お客さんが来るリビングのカーテンは新築住宅に見合う良質なカーテンを購入することが一般的です。

そのためカーテン費用だけでもかなりの金額になってしまうことも珍しくありません。

照明器具

カーテンの次に購入が必要なものとして多いのが照明器具です。

照明器具も基本的には建物とは別に購入することになります。

部屋の広さによっても必要となる性能が変わってきますが、部屋の数が多くなればなるほど必要な照明器具の数も増えていくので、部屋数が多い住宅であればある程度の出費は覚悟しなければならないでしょう。

エアコン

ルームエアコンも新築住宅に引っ越す際に新たに購入することが多くなります。

ほとんどの場合で新築住宅では部屋数が増え、それまで住んでいた家ではエアコンがなかった部屋にも新居では新たにエアコンを導入したくなるものなので、買い足すことが必要となります。

子供部屋にまですべてエアコンを取り付けるとなると、4~5台購入することになる家庭も多いのではないでしょうか。

カーテン・照明・カーペット等はやはり専門店が基本だが

新居への引っ越しで必要となるインテリアはどういったお店で購入する人が多いのかというと、最近では格安チェーンの家具屋さんを利用する人も多いようです。

こういったお店を利用すれば、カーテンも安いもので3,000円前後で購入することもできます。
照明器具も一般的なもので1台1万円以内に収められるでしょう。
少しでも予算を抑えたいのであれば、こういった格安家具店を利用すると良いでしょう。
他にもホームセンターや家電量販店、ネット通販を利用する方法もあります。

通販は実物を見れないので材質には注意が必要ですが、格安で購入できる掘り出し物を見つけられる可能性があります。

特別なこだわりがないのであれば、意外と身近なお店で一通り揃えることができるでしょう。

費用に余裕があれば揃えたいもの

カーテン、照明、エアコンなどはどうしても必要となるアイテムですが、必須ではなくてもできれば揃えたいというインテリアもあります。

例えばソファやテーブルなどは新築住宅に見合うものがどうしても欲しくなります。
テレビや冷蔵庫などの家電類も、古い製品を使っている場合は買い替えたくなるでしょう。

挙げればキリがなくなってしまいますが、本当に必要なものかどうかをしっかりと考えて購入することが大切です。
こういった家具・家電の購入もあらかじめ予算として多めに計算しておくと安心でしょう。

新築住宅を建てると、インテリアにも想像以上の費用が必要となるものです。

必要なものをひとつずつリストアップしていくと、意外と多くのものを購入しなければならないことがわかってきます。

土地や建物にこだわってお金を使いたくなる気持ちもわかりますが、まずは初めに予算を考えるときに、インテリアの購入予算もしっかりと計算しておくことをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました