カーテンナビゲーター

カーテンを買う時のナビゲーター。後悔しないカーテン選びの情報満載。

チェックポイント

カーテンの掃除とお手入れ保管方法

更新日:

カーテンは布製であるため汚れてしまうことは避けられませんね。定期的に洗濯することが必要ですが、間違えた洗い方をすると生地を傷めてしまったり、カーテンに加工されているさまざまな効果や性能を失ってしまうこともあります。

カーテンをきれいに保ち、長持ちさせるためにも正しいお手入れ方法を把握しておくことが大切です。
カーテンの日頃のお手入れ方法や、洗濯方法、収納方法などをご紹介します。

カーテンが汚れる原因は?

カーテンの汚れのほとんどはホコリによるものです。また手垢なども付き、次第に薄汚れてきます。特にタバコはカーテンにとって臭いがつくだけでなく、ヤニで本来の生地の色が変わってしまうほどです。

スポンサーリンク

日頃のお手入れ

日頃のお手入れは、カーテンに付着したホコリを除去することが基本です。
カーテンに付着したホコリをハタキで叩いて落としたり、掃除機のノズルをブラシに替えて吸い取ったり、粘着テープを利用して取り除きます。ヒダ山の部分や、ヒダの織り目、タッセルでまとめた部分はホコリがたまりやすいので、細いブラシで優しく掻き出すようにホコリを取ります。掃除機の吸引力があまり強すぎると、生地を傷めてしまいます。吸引力を弱めに設定するなど調整して吸い取るようにしましょう。

またカーテンレールもホコリの溜まりやすい個所です。レールの上も掃除機でホコリを吸い取ります。カーテンボックスがある場合は、面倒でもカーテンを一度外して、レール部分の掃除することをおすすめします。

窓の汚れにも注意を払うことが大切です。窓ガラスが汚れているとカーテンに移ってしまいます。窓ガラスはきれいな布で水拭きをしましょう。しかしすぐにカーテンを閉めてはいけません。カーテンと窓の隙間は狭いので、湿気を残すとカビが発生する原因にもなってしまいます。水拭き後は窓ガラスを充分に乾燥させてからカーテンを閉めましょう。また窓ガラスの桟もカビが発生しやすいので、水拭きをして充分に乾燥させます。
窓の結露もカーテンにとっては大敵なので、冬の寒い時期は結露をまめに拭き取るなどの対処が必要です。

カーテンの正しい洗濯方法

カーテンの洗濯回数は、ドレープカーテンは年に1度、レースカーテンは年に2、3度が目安です。あまり長い期間、洗濯をしないでおくと汚れが落ちにくくなってしまいます。
タバコを吸う部屋や、油が飛ぶキッチンなど、汚れの激しいカーテンはもう1回ずつ多く洗濯しても良いでしょう。

ウォッシャブルカーテン

ウォッシャブルマークのあるカーテンなら、洗濯機で丸洗いが可能です。
ウォッシャブルマークとは、日本インテリアファブリックス協会の判定基準にクリアしたものに表示できるマークです。

ウォッシャブルの判定基準

家庭用洗濯機で丸洗いが可能であることと、以下の判定基準に適合すること

・耐洗濯性能(洗濯と乾燥を5回繰り返したあとの状態で判定する)

寸法変化率 ±タテ1%以内、±ヨコ2%以内
変退色 4級以上
外観 良好であること

・洗濯堅牢度

変退色 4級以上
汚染 4級以上

ウォッシャブルカーテンを洗濯機で洗う場合

まずカーテンに付着したホコリをはたいて取り除きます。フックを全て外し、ひだに沿って屏風たたみにして半分に折ります。レースなどの繊細な生地は洗濯ネットに入れましょう。

一度に入れるカーテンは、1、2枚程度です。洗濯機の容量にもよりますが、厚手のものなら1枚、薄手のものやレースカーテンなら2枚までです。
お湯の温度は40度まで、水量は「最大」、水流は「弱」またはドライコースや手洗いコースを選択します。
洗剤は中性、または弱アルカリ性を使用します。おしゃれ着洗い用の洗剤もおすすめです。また柔軟剤を入れると静電気防止になります。
漂白剤は、塩素系漂白剤の使用が可能であれば白いレースカーテンのみ使用できます。

脱水と干し方

長い脱水はシワになったり型崩れするので、ドレープカーテンは1分、レースカーテンは30秒程度を目安にしましょう。
脱水が終わったらヒダを整えてカーテンレールに吊るして自然乾燥させますが、水分を含んだカーテンは重くなるので、レールにぐらつきがないか事前に確認してください。
屋外で干す場合は、必ず陰干しにします。乾燥機は生地が縮んだりシワになるので使用は避けましょう。
アイロンは、洗濯表示マークの温度やあて布の要否を確認し、指示に従って使用してください。

手洗いやつけ置き洗いをする場合

40度以下のぬるま湯で押し洗いをします。揉み洗いはシワの原因になるので避けてください。汚れがひどい時は、ぬるま湯に30〜1時間程度つけ置きし、洗濯機または手洗いで洗います。

形態安定加工や形状記憶加工がされている場合

ヒダが洗濯後も維持する形態安定加工や形状記憶加工がされているカーテンは、上記の洗濯方法に従い、脱水はドレープカーテンで30秒、レースカーテンは15秒を目安にします。
ドラム式の乾燥機はプリーツが失われる可能性があるので避けましょう。
形態安定加工や形状記憶加工がされているカーテンは、アイロンをかけると加工の効果がなくなってしまいます。メーカーによっては、低温アイロンが可能と表示されている場合もありますが、おすすめできません。
それぞれの加工は、指示通りの洗濯方法で形態安定加工は1〜3回の洗濯、形状記憶加工は10回程度の洗濯をしても維持できるようです。

その他の特殊加工がされているカーテンの場合

その他にも、防炎カーテンや遮熱カーテン、遮音カーテン、花粉キャッチカーテンなど、生地の表面に特殊加工が施されているカーテンは、間違えた洗濯方法によって、その効果が薄れてしまうことがあるので注意が必要です。
特殊加工されている機能性カーテンは、表示されている洗濯方法通りに洗うようにしましょう。

ウォッシャブルでも付属品が付いている場合

カーテンの生地自体がウォッシャブルでも、トリムやフリンジ、裏地、ウェイトなどが付いている場合は、洗濯機での丸洗いができないことがあります。付属品の洗濯方法にも気をつけましょう。

ウォッシャブル以外のカーテンの場合

洗濯機での水洗いや手洗いが不可能で、ドライクリーニングに出す場合は、洗濯表示マークの指示通りに依頼します。
クリーニングに出すときは、カーテン上部のフックを外してから出しましょう。
クリーニングに出すと、多少繊維が収縮します。特に天然繊維の綿、麻などは縮む可能性が高いので注意が必要です。
トラブルを避けるためにも、カーテンクリーニングをしているクリーニング屋さんに出すことをおすすめします。

カーテンの保管方法

カーテンを保管する場合は、必ず洗濯またはクリーニングします。汚れたままのカーテンを長期間保管していると、シミになったりカビやダニが発生する可能性があります。
きれいに洗濯したあとは充分に乾燥させます。ヒダ山に合わせて屏風たたみにして、縦に二つ折り、または三つ折り程度にたたみ、できれば箱やゆとりのあるビニール袋などに入れるとシワになりにくいです。

ミラーレースなど、一度シワになるとなかなか元に戻らない性質がある生地があるので、圧縮袋は避けてください。
ヒダ山のないフラットカーテンの場合は、平たたみにします。
布製品なので防虫剤や除湿剤を一緒に入れておくと安心です。

正しいお手入れとカーテンに良い室内環境

滅多に買い換えることのないカーテンだからこそ、お手入れや洗濯は正しい方法で行うことが大切です。
またカーテンは高温多湿を嫌います。窓を閉めっきりにせず、ときどき風を通して換気させるなど、室内環境にも気を配りましょう。
正しいお手入れ方法と、カーテンに良い室内環境でいつまでもきれいな状態を維持させてくださいね。

-チェックポイント

Copyright© カーテンナビゲーター , 2018 All Rights Reserved.